HOMEFuwapo UV対策特集›用語の解説

知らなかった用語はここでチェック!

目には見えない紫外線。肌にさまざまな悪影響を及ぼします。 太陽光の中で強いエネルギーを持つ光で、大きくUV-A、UV-B、UV-Cに分けられています。
‹詳しくは›
紫外線は可視光線の紫よりさらに短い光線という意味でUV(Ultraviolet)と略記され、波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cに分けられ、UV-AとUV-Bの一部がオゾン層を通過し地表に届きます。
波長が長く、窓や雲も通過してしまいます。35~50%が表皮を通過して肌を黒くさせる色素沈着(サンタン)を起こします。また、真皮に届きシワやたるみなど皮膚の老化を引き起こす原因と言われています。
波長が短く大部分が表皮で散乱・吸収されます。その作用は急激で肌が赤くなる炎症(サンバーン)を起こす主な原因となります。
オゾン層に吸収され地表に届かないため影響はあまり強くありません。

紫外線による健康状態

UV-A

UV-Aは波長が長く、その35~50%が表皮を通過、真皮まで到達し、肌を黒くさせる色素沈着(サンタン)を起こします。 また、慢性的に浴び続けると皮膚の弾力線維や膠原(こうげん)線維にダメージを与え、シワやたるみなど、肌の老化を引き起こす原因となります。

UV-B

波長が短いUV-Bは真皮まで到達せず、浴びた直後からおもに表皮で急激に作用して肌が赤くなる炎症(サンバーン)を起こし、シミやソバカスなど、肌の乾燥の原因となります。

SPF(Sun Protection Factor)とは、おもに紫外線のUV-Bの影響が出るまでの時間をどれくらい延ばすことができるかを表す数値です。SPFはUV-B防止のバロメーター。 たとえば、何も塗らない時20分で肌が赤くなり始める人がSPF25の日やけ止めを使用した場合、20分×25=500分(約8時間)、肌が赤くなるのを防ぐことができます。
※肌が赤くなり始める時間には個人差があります。
PA(Protection grade of UV-A)とは、紫外線のUV-Aをどれくらい防止できるかの目安です。PAはUV-A防止のバロメーター。 3段階に区分され、効果の度合いを「+」の数で表します。
紫外線防止剤のひとつで、主に粉体で肌の表面で受けた紫外線を乱反射させて逃がし、肌の内部への侵入を防ぐ成分。
紫外線防止剤のひとつで、吸収剤そのものが紫外線を吸収し、熱などの他のエネルギーに変化させて肌の表面から放出させ、肌の内部に紫外線の悪影響が及ぶのを防ぐ成分。