HOME › ビューティー › 正しい朝の洗顔
知らなかった?気づかなかった?正しい朝の洗顔 手遅れになる前に、今のケアを見直しましょう。

汚れていないように見えて、実は汚れている寝起きの肌。
起きた時の肌は こんな状態・・・・。

皮脂が分泌される
・寝ている間に分泌された皮脂と混ざると
お肌の表面が時間とともに酸化=サビると、くすみ・赤み・ニキビの原因に・・・
布団やシーツに触れる
・ホコリ、繊維、ダニがくっつくとかゆみ、赤み、ニキビの原因に・・・
寝る前にお手入れした化粧品が肌に残っている状態
・乳液、クリーム
化粧水の浸透力が落ちる→乾燥の原因に・・・ 化粧品の保湿成分(糖)と角層(タンパク質)が結びついて『糖化』が起きる
目指せ!普通肌 朝のお手入れの基本は
正しい洗顔
乾燥する部分は洗顔料を少なくする!
脂性肌・しっかりクリーム塗る派には、ホットタオル+洗顔を!
洗顔後はすぐに化粧水で水分補給!
ポイント
  • 洗顔料は多すぎると乾燥やすすぎ残しの原因に。皮脂が多い部分から泡をのせましょう。
  • 化粧水は肌がモチモチと吸い付くようになるまで繰り返しつけると透明感と整ったキメが生まれます。
  • 乳液やクリームが少ないと摩擦することに。
    全体がなめらかにすべるくらいの量を使いましょう。
洗顔以外になにか方法はあるの? コットンを水道水で湿らせてウエットコットンを作ります。ローションを含ませて、肌の上をやさしくすべらせます。余分な皮脂や汚れが取り除けますよ~!キメも整います♡ 注)やさしくすべるくらいウエットであること、ゴシゴシこすらないこと
肌にやさしいスキンケアシリーズ 2eシリーズ
健康で透明感がある肌を育むために

予防+対策

化粧水の浸透が悪い気がする・・・
保湿をしても乾燥する
肌の上に油膜が残っていると化粧水が弾かれてしまい、浸透する道ができにくくなります。
【保湿成分が入っている洗顔料で汚れは落とし、潤いを残す、やさしい洗顔がオススメ。お水に近い温度のぬるま湯ですすぎましょう】
毛穴のひらきがひどい、キメが整ってない、ニキビが治らない
化粧崩れは防げる?
肌表面やキメに余分な油分や汚れがくっついてる状態をリセットしましょう。
【ていねいな洗顔とローションの拭き取りがオススメ】水分と皮脂のバランスが整い、肌トラブルの改善につながります。キメが整うことで、ファンデーションが落ちにくくなりますよ。
色むらがある
皮脂が酸化し、少し肌が荒れているかも・・・
【朝も泡で包み込むように洗顔しましょう。ゴシゴシと強いお手入れは色むらを強くする原因に!】
夕方に気になる黄ぐすみを何とかしたい!
肌表面やキメに余分な油分や汚れがついたまま日中を過ごしていると、サビ&コゲたような肌状態になります。繰り返していると老化肌の進行に!
【保湿成分が入っている洗顔料で汚れは落とし、潤いを残す、朝晩の洗顔を続けましょう。】
肌のトーンが暗くて、くすみが気になる
肌に必要な栄養や血液、酸素が不足しているかも・・・。余分な汚れをやさしく落とし、肌に合った化粧品で水分と油分をあたえましょう。
【ローションパックがオススメ】
紫外線の影響は?
肌の上に古い皮脂や油膜が残ったまま紫外線を浴びると、シミや赤みの原因になります。保湿成分が入っている洗顔料で汚れは落とし、潤いを残す洗顔を続け、サビないお肌を保ちましょう。
【もちろんUVケアも毎日きちんと行いましょう】
朝のお手入れが一日のお肌、これからのお肌を決めていきます。やさしく、ていねいなケアをしている自信が肌と表情に表れます。あなたの肌と心を磨く応援をしています。

ビューティー

2e商品情報

季節ごとのビューティー情報

Fuwapo式おうちでカンタン美顔術

昔から伝わるセルフケア

Fuwapoチャンネル〜自分みがき動画〜

できるダイエット