HOME › ビューティー › 冬のお手入れアドバイス
冬のお手入れアドバイス
日焼け止めを知ろう
冬の肌は
乾燥がひどい
12月~2月は一番気温と湿度が低い肌本来の潤いが奪われやすい環境で水分量が低くなります。
静電気が起こりやすく肌にホコリが付きやすく、かゆみの原因になります。
バリア機能低下
乾燥した状態が続くと角質層の細胞と細胞の間にすき間ができ、外気の刺激を受けやすくなり
トラブル肌や敏感肌の原因になります。
また、肌本来が持っている内側の潤いも蒸発する原因になり、もっと乾燥が進みます。
肌力の低下
血行が悪くなると、肌に十分な栄養が行き届かなくなり肌荒れやくすみの原因になります。
体温が奪われないように、身体の末端部分である肌は血流の量を制限するように指令が出るのです。
結果、血行が悪くなり肌本来の力が低くなってしまいます。
お手入れアドバイス
Fuwapoのおすすめ ホットタオル
やさしくていねいな洗顔
肌の生まれ変わりが遅くなりがちで古い角質がたまりやすくなります。
・やさしくていねいにクレンジングと洗顔を行いましょう。
・ホットタオルもオススメです!
しっとりするよ!クリームパック
しっかりと水分補給&保湿
洗顔の後は瞬時に水分をあたえて乾燥から守りましょう。
・化粧水をたっぷりと肌に浸透させるようになじませましょう。
・乳液とクリームでダブルの保湿がオススメです!
簡単なマッサージ!マッサージ動画
血行促進&新陳代謝アップ
軽い運動、全身浴、マッサージなどで全身すみずみまで
血液と酸素が行き渡るように過ごしましょう。
冬の冬眠状態からスッキリと目覚められます。
加湿
加湿器の使用や湿ったタオルをかけておくなど、室内の湿度を上げるようにしましょう。
  • メイクの上から化粧水などをスプレーする時は、潤い効果の高いものを使いましょう。
    化粧水が乾くときに、肌本来の潤いも一緒に奪われやすくなります。
    スプレーをした後に、薄く乳液をつけると乾燥を防ぐことができます。
Fuwapoお勧め!2e保湿ミスト
冬は猫背になったり、着こむことで筋肉がこわばりやすくなります。そうなると、首から上の顔は血液や酸素が不足して、肌荒れやくすみが起きやすくなります。一日に何度か、背伸びをしたり、肩や腕を動かして、柔らかい身体と肌をたもってくださいね。

ビューティー

2e商品情報

季節ごとのビューティー情報

Fuwapo式おうちでカンタン美顔術

昔から伝わるセルフケア

Fuwapoチャンネル〜自分みがき動画〜

できるダイエット