HOME › ビューティー ›  秋先のお手入れアドバイス
秋先のお手入れアドバイス
夏の影響紫外線の悪影響 強い陽射し クーラー 外と室内の温度差 夏バテで体力低下

肌は秋にひとつ歳をとる・・・?と言われます。それは夏のダメージを受けたかどうかで決まるのです。残暑からきちんとケアをし、一番過ごしやすく肌の状態も整っている秋を楽しく健やかに過ごしたいものですね。

秋の肌は
  • 夏のダメージが蓄積、紫外線の影響、体力の低下
  • メラニンが増える
    • ・シミができる、目立つ ・肌色が濃い ・くすみ、透明感がない
  • うるおい不足
    • ・カサカサ ・肌が硬い、ゴワつく ・キメが粗い、毛穴が目立つ
  • ターンオーバーの乱れ
    肌の一番上の角質層が乱れ乾燥した状態
    肌の生まれ変わりが遅くなり、肌荒れや未熟な肌細胞を作り出す原因に
お手入れアドバイス
正しい洗顔

古くなった角質が剥がれ落ちず残っているとくすみやシミの原因になります。
朝晩の洗顔をやさしくていねいに行いましょう。ゴシゴシ洗いはシワやシミの原因になります。泡の弾力でやさしくていねに洗いましょう。

正しい洗顔のススメと保湿のススメ
潤いキープで
ターンオーバーを
正常に

肌の表面だけでなく、肌の溝(キメ)や角質細胞と細胞の間にも水分と潤いを届けることで、外からの刺激にも内側の蒸発にも大丈夫な肌を作ります。
保湿効果の高い化粧品で潤いをキープするお手入れをしましょう。

たっぷり
ビタミンを

日焼けによるシミや残暑疲れをリセットするためにビタミンが豊富な食べ物を積極的に
摂りましょう。朝の果物、夜は野菜や魚などバランスのいいメニューを!

睡眠と食事が
健康肌を
取り戻します

睡眠不足は肌の免疫力を低下させ、トラブル肌や敏感肌の原因になります。
翌日に疲れを持ち越さないためにも、質の良い睡眠をとりましょう。
楽しい食事は心を豊かにし、肌も生き生きとします。
旬の物、彩りがいいメニューを取って肌と心に栄養をあたえましょう。

秋冬のおいしい美肌ごはんレシピ集
年々、秋が短くなっていると感じます。
秋は過ごしやすく、美味しいものがたくさんありますね。
厳しい冬を迎える前に、秋に肌と身体の調子を整えておきたいものです。
きれいな紅葉を見たり、旬のものを食べて癒され、
秋の夜長に肌のお手入れをやさしくおこなってくださいね。

ビューティー

2e商品情報

季節ごとのビューティー情報

Fuwapo式おうちでカンタン美顔術

昔から伝わるセルフケア

Fuwapoチャンネル〜自分みがき動画〜

できるダイエット