HOME › ビューティー ›  癒しのバスタイム
頑張った一日とお疲れのあなたへ 癒やしのバスタイム
イラスト
むくみが気になる時は

全身浴がオススメです。
肩までつかることで水圧が高くなり、ポンプ作用によって血液とリンパ液の流れが良くなります。
※心臓に負担をかけるので熱い温度や長風呂には気をつけましょう。

むくみをとるマッサージ動画
イラスト
寝付けない、冷える時は

足浴をオススメします。
バケツやフットバスに熱めのお湯を入れて、足首から下くらいをつけます。この時、首にタオルを巻く・暖かい上着を着るなど足以外は厚着をすると全身の温まりが早くなります。汗をかいたら着替えるようにしましょう。

イラスト
肩こり、目が疲れた時は

ひじから手までを温める腕浴がオススメです。
目や肩、首につながっているひじから下を温めることによって、頭部分の疲れをとる効果が高まります。
洗面器や洗面台に熱めのお湯を入れて、ひじから下をつけます。
首あたりがじんわり温かくなったらいい感じです。

お風呂あがりにドライヤーでツボ刺激
入浴効果を高めるには入浴料を

入浴料を入れると、さらにバスタイムが至福の時間になります。

敏感肌・荒れ性・乾燥肌にはうるおい効果が高い入浴料を
フワポおすすめの入浴料

入浴効果を高めるには入浴料を

さら湯は、カルシウム、マグネシウムなどの水の成分が肌を刺激し、特に敏感肌の方にはオススメできません。
入浴料は、水の成分を柔らかくする効果があり、肌にやさしいバスタイムが楽しめます。

臭いの季節には入力料でリセット

汗や皮脂は時間が経つごとにイヤな臭いの原因に・・・
入浴料は肌の汚れを落としやすくします。
一日の終わりに、一日の汚れをバスタイムで気持ち良く流しましょう。

色や香りでバスタイムを癒しの空間に

乳白色やきれいな色の入浴料、植物やフルーツの香りの入浴料
五感を刺激し、肌も身体もきれいに導いてくれます。
その日の気分に合わせて入浴料を変えてみるのも楽しいですね。

バスタイムの充実は明日のあなたをきれいに輝かせてくれます。
肌、体調、気分に合わせて入浴を楽しみ、あなたがもっときれいに、
もっと健康になりますように。

※入浴料は、浴槽や風呂釜のタイプに合わせてお使いください。
 体調や既往症などによって入浴は身体に負担をかけることになります。お気をつけください。

ビューティー

2e商品情報

季節ごとのビューティー情報

Fuwapo式おうちでカンタン美顔術

昔から伝わるセルフケア

Fuwapoチャンネル〜自分みがき動画〜

できるダイエット