HOME › ビューティー ›  夏のお手入れアドバイス

夏のお手入れアドバイス

春先の肌
皮脂や汗の分泌が多く、ベタベタやテカリの原因に強い陽射しを浴びると、汗と一緒に肌本来のうるおいが流れてしまう
新陳代謝が活発になり、古い角質がたまりやすく、くすみの原因に 夏が終わると老ける?
乾燥、シワ、赤み、ほてりなど肌トラブルにつながりやすい季節です。
外の暑さとクーラーの室温の差が肌との自律神経にダメージをあたえやすいです。
肌色を暗くしたり、紫外線によるシミができるのは、春〜夏の過ごし方が影響します。

肌力&体力を上げて夏バテ知らず!

一日が長く感じられ、開放的な夏はイベントが盛りだくさんで楽しい季節です!
しかし、強い陽射し、クーラーの冷え、冷たい飲み物、睡眠不足・・・
夏が終わる頃には、どっと疲れが残っていたり、肌の衰えを感じたり、そんな経験はありませんか?
肌のお手入れに加えて、身体と肌を作る「睡眠と食事」に気をつけて過酷な夏を乗り切りましょう!

頭寒足熱

頭が熱いままでは、気持ちよく眠りにつけることができません。

蒸し暑い夜は、首の後ろを冷たいタオルで冷やしたり、ミストタイプの化粧水を首や胸元に吹きかけて、首から上をクールダウンしてからお休みくださいね。
また、腹巻やレッグウォーマーなど、冷えやすい部分を温めるものを身に着けてお休みになると布団をはねのけてしまっていても安眠できます。

夏野菜で夏ケア

年々、暑い時期が長くなっています。
栄養価が高く、疲労回復、体内にこもった熱の排出、利尿作用などがある夏野菜を食べて夏バテを防ぎましょう。

トマト、ピーマン、きゅうり、かぼちゃ、ゴーヤ、枝豆、ししとう、にんにく、すいか、とうもろこしなど・・・豚肉をプラスすると、さらにパーフェクトな夏ケアが完成します。

夏野菜で夏ケア
お勧めメニューは!
お勧めメニューは!

最近流行の「しょうが」は身体の中から温めてくれる作用があります。クーラーや冷たい飲み物で冷えた身体を、しょうがを取り入れてリセットすることもおすすめです。

ビューティー

2e商品情報

季節ごとのビューティー情報

Fuwapo式おうちでカンタン美顔術

昔から伝わるセルフケア

Fuwapoチャンネル〜自分みがき動画〜

できるダイエット