HOME › ビューティー › Fuwapo式おうちでカンタン美顔術 › レポート第12弾 おからでキレイに

back number

おうちでカンタン美顔術

レポート第12弾

おからでキレイに

"おから"を食べると美肌に?・・・もちろんです!
豆腐を作るときに大豆から豆乳を絞った残りかすで、お安くて低カロリー、良質のタンパク質。健康な肌細胞を作ってくれたり、美肌に大敵な便秘予防、ダイエット効果もあってとても優秀で、お財布にもやさしい食品です(^^)v
そんな"おから"は、スキンケアにもいろんな効果が期待できます!
ぜひ、お手軽に試してみましょう♪

おからの栄養

効果的なツボ
  • 大豆タンパク質
    生命活動を支え、新しい細胞をつくる
    コレステロール低下、肥満予防
  • レシチン
    新陳代謝を活発にする
    善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らす
    脳の活性化
  • サポニン
    活性酸素や動脈硬化を抑えて代謝を促進する
    ガン予防、動脈硬化予防、老化予防
  • 食物繊維
    腸の働きをよくする
    便通をよくする
    コレステロールなどの有害物質を吸着して排泄する
おからでスキンケア

肌の状態に合わせて使い分けてくださいね。
(注意)
・1回使い切りです。余ったものを次回に使用しないようにしてください。
・洗い流すときは排水溝が詰まらないように気をつけてください。

おからスクラブ

作ってみよう

ボウルなどに、おから・小麦粉・はちみつを入れ、少し粘りが出るまで水または無調整豆乳を少しずつ足しながら混ぜます。
ダマにならず、肌の上ですべるくらいが目安です。

肌にのせてみよう

  • 肌をやさしく洗った後の水気がある状態で使ってください。
  • 指先に適量とり、力を入れずにクルクルやさしく円を描くようになじませます。
  • お水に近いぬるま湯でやさしく洗い流します。
  • タオルで水気を拭き取った後、化粧水や乳液で肌を整えます。
効果的なツボ

☆額、眉間、鼻、あごなどTゾーンに。
☆ひじ、ひざ、かかと、くるぶしなど硬くごわつきがある部分に。
☆胸の間、背中の中心など皮脂が多い部分に。

※目の周り、唇、荒れている部分は避けてください。

おからパック

作ってみよう

ボウルなどに、おから・小麦粉・はちみつを入れ、少し粘りが出るまで水または無調整豆乳を少しずつ足しながら混ぜます。
ダマにならず、肌の上ですべるくらいが目安です。

肌にのせてみよう

  • 肌をやさしく洗った後の水気がある状態で使ってください。
  • 肌の色が隠れるくらいの量をのせます。
    ※目の周り、唇、荒れている部分は避けてください。
  • 約10分放置します。
    ※ピリピリ、かゆいなど、肌に違和感を感じたらすぐに洗い流してください。
  • お水に近いぬるま湯でやさしく洗い流します。
  • タオルで水気を拭き取った後、化粧水や乳液で肌を整えます。

☆目の周り、唇、荒れている部分は避けてください。
☆首、首の後ろ、手の甲などにもオススメです。

おからってエコ おからは、豆腐や豆乳が作られて残ったもの。だから「殻」「空」っていう言葉からはじまっています。栄養価が高くて、お安くて、低カロリー、そして、肌にのせても効果的♡捨てないで有効活用したいものですね!卯の花や豆腐ハンバーグなどを作るときに少し残しておいてぜひ「おからスキンケア」をお試しください(*^_^*)

【パックを始める前に必ずお読みください。】

●大豆アレルギーのある方は、いきなり顔に付けず、ひじの内側など、肌の弱い部分に少量付けて、赤くはれたり、かゆみが出ないかを確かめてから、始めてください。また、腕では症状が出なくても、顔に塗ったときに「かゆみ」や「腫れ」を感じた時はすぐに使用を中止し、水又はぬるま湯で洗い流してください。

●お風呂場や、洗面所でおからパックを行う場合、下水が詰まったり、浴槽の追い炊き機能が使えなくなったりする恐れがありますので、使い終わった「おから」はまとめてビニール袋などに入れて処理してください。

フワポのイチオシアイテム 2e(ドゥーエ)

ビューティー

2e商品情報

季節ごとのビューティー情報

Fuwapo式おうちでカンタン美顔術

昔から伝わるセルフケア

Fuwapoチャンネル〜自分みがき動画〜

できるダイエット