HOME › フード&ヘルスケア › 薬局の用語解説
あなたの町の調剤薬局 薬局レポート what's?調剤薬局 薬局の用語解説
  • 薬歴(やくれき)
  • お薬手帳
  • ジェネリック医薬品
  • 医薬品
  • 医薬部外品

薬歴(やくれき)

処方された薬と、その服用に関する患者さん情報の記録の履歴です。 薬をきっちり飲めているか、服用期間の体調変化、患者さん独自の副作用や相互作用など、今までの状態がわかるようにしたものです。 それらは処方せん調剤の時に、患者さんからお話を伺って記録していきます。 また、調剤をする日により薬剤師が代わっても、患者さんの情報を共有することで安全に確実にお薬を調剤ができるようになります。 ただし、個人情報漏洩防止の為、かかりつけ薬局独自の記録になっています。

お薬手帳

処方された薬の名前・飲む量・回数などを記録に残しておくことを目的に作られた、持ち歩き用のお薬の記録帳です。 薬の飲みあわせのチェック、飲んで合わなかった薬のチェックに、症状の変化のチェックなどができます。 お薬手帳を持つことで、複数の病院や薬局にかかっても患者さん独自のお薬事情を把握する事ができ、安全な処方ができるようになります。

ジェネリック医薬品

新薬の独占的販売期間が終了し、その後に発売されたお薬の事です。 薬の有効成分そのものは同じ成分ですが、その他の添加物に違いがある場合もあります。それぞれのお薬の詳細は薬剤師さんに確認しましょう。

医薬品

病気の予防や治療を目的に、名称、成分、分量、用法用量、効能効果、副作用について、品質・有効性及び安全性に関する調査を行い厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものです。 また、日本薬局方に記載されているものは全て医薬品です。

医薬部外品

有効な成分は入っていますが、効果が穏やかなものです。 医薬品と違い、治療ではなく、予防や皮膚などを清潔に保つことが目的になります。 医薬品は、効能・効果など使用上の注意が規制上記載されていますが、医薬部外品は、指定された成分のみの記載になります。


※上記はあくまでFUWAPOスタッフの取材に基づく見解です。他に情報があれば是非メールを下さい。

ご意見・ご感想はこちらまで!
このページのトップへ戻る