HOME › フード&ヘルスケア › 薬局レポート No.1 フタツカ薬局 阿波座
あなたの町の調剤薬局 No.1 フタツカ薬局 阿波座 薬局レポート what's?調剤薬局 薬局の用語解説

フタツカ薬局 阿波座

〒550-0005
大阪市西区西本町3-1-1
岡崎橋セントラルビル1階
Tel.06-6534-3301
Fax.06-6534-3302
営業時間:平日/9:00~19:30
土曜/9:00~13:30 日・祝/定
アクセス:大阪市営地下鉄
「阿波座」駅から徒歩3分
ショップキーワード
  • 皮膚科
  • 広域処方せん
  • 健康相談受付
  • オフィス・居住街
  • サプリメント他
フタツカ薬局 ミキ薬局

薬局一覧

2009.6.30 
No.1 フタツカ薬局 阿波座
2009.11.0 
No.2 ミキ調剤薬局 西新宿

フタツカ薬局さんが考えられている、調剤薬局とはどのようなものでしょうか?

調剤薬局としては、処方せんを頂いてから「お大事に」とお薬をお届するまでの間に、本当に様々な事を行っています。
患者さんの健康をサポートするスポットでありたいと考え、そして適切にお薬を使っていただけるように、患者さんとのコミュニケーションを取りながら間違いのないよう慎重に、また長くお待たせしないよう迅速に対応するよう心がけています。 このように、調剤薬局では処方せん受付・健康相談などをはじめ、その他ご病気になられていない方のいろいろな相談も承っています。
取扱商品については、患者さんに応じて、きっちりとお話を伺い「こういう商品がございます」と患者さんにあったものをお勧めさせていただいております。
また、お勧めする商品についても、当店のスタッフが体を張ってというか、モニターとして使用してその効果を実証済みのものをご案内させて頂いています。
ドラッグストアさんとは違い、処方せんを受け付けて調剤をする事が主な業務のため、患者さんお一人に対する対応時間も違ってきますね。
その中で、コミュニケーションを通じて患者さんのライフスタイルに合わせた健康をサポートしていけるよう努めています。

お薬をもらうだけだと思われがちな調剤薬局さんですが、調剤をはじめ他にもいろんな健康に関する取組みをされていました。
また調剤薬局でお勧めされる一般用医薬品や化粧品などは、薬剤師さんにしっかりと説明してもらえるので、ゆっくりしっかり聞きたい時など、安心して相談できますね。
調剤薬局さんとドラッグストアさんと違いは、お話を伺いながら「What's 調剤薬局」でまとめました。

病気にかかられていない方が、気軽に入るには入りにくいイメージがある調剤薬局ですが、フタツカ薬局さんとしての取り組みはどういったものがありますか?

私たちは地域の皆様の健康をサポートする薬局として、さまざまな情報発信や取組を行っています。
その中の取り組みのひとつとして、お薬相談やお食事などの健康相談があります。
公知方法は天気のいい日にはお知らせ用イーゼルを表に出すことで、そのお知らせをさせていただいています。
また、最近ではプライベート商品としましてサプリメントの販売をさせていただいてますので、そういった所からも興味をもっていただけるのではないかと考えています。

イーゼルには今回、ベビーフードの試食会と、健康相談会のお知らせがありました。 近辺にはファミリー住宅も多く、赤ちゃんと若いお母さんがたくさんおられる地域でもあるため、こういった身近なところで相談できる場所があると安心ですね♪ 他にもサプリメントの紹介もあります。ちょっとした日々の健康についての疑問を病院だけじゃなく気軽に相談できるのは嬉しいですね!

薬局に置いている商品は、どんな基準で選んでいますか? ここでしか買えないという商品もあるんでしょうか?

ドラッグストアさんとかぶる商品というのが、頭痛薬であったり、胃薬であったりだと思いますが、一番こちらの方から患者さんにご案内する回数が多いというのが、同じビルに皮膚科さんがあるので、医薬品ではなく、化粧品になりますね。
敏感肌、乾燥肌にあうものを取りそろえております。
頭にかゆみがある方ですと、シャンプーやリンスなど幅広くご案内させていただくことが多いですね。敏感肌や乾燥肌の方にはドラッグストアさんに置いていない商品も、ご紹介させていただいています。
また、お勧めする商品についても、当店のスタッフが体を張ってというか、モニターとして使用してその効果を実証済みのものをご案内させて頂いています。
やっぱり、数ある商品の中で自分自身、患者さんに説明するときに「こういった場合にはこういうものがいいですよ」ときちんとご説明できる、そういった理由から商品選びをさせていただきました。ご相談いただいた内容には一番ベストな商品を選ばせて頂いています。


今回取材したフタツカさんではドラッグストアさんとは違い、商品棚をよ〜く見る と、あまり見たことのないお薬や化粧品が並んでいました。(フワポお勧め2eもあり ました♪)薬剤師さんやスタッフの方がモニターをして選んだという商品のライン ナップはどんなものかを伺うと、ひとつひとつ丁寧に教えて頂けました。 処方されているお薬との相性も考えて、化粧品やお薬の相談ができるのが調剤薬局さ ん。とても安心できますね。

調剤以外にもサプリメントの提案や健康相談、また一般用医薬品の販売など いろいろな取り組みをされていますが、患者さんとのコミュニケーションは どのようにされていますか?

入ってすぐの所に、血圧計をおいておりますので「血圧を測らせて?」と、お店に入ってこられる方もいらっしゃいますね。
毎日血圧を測りにこられて、お茶飲んでお話だけされていく方もおられます。(笑)
このように気軽に来ていただけると嬉しいですね。そういう患者さんには、血圧手帳をご案内させていただいたりしています。
あと、お電話でのご相談もありまして、「このお薬いつも飲んでるんだけど、今こういう症状が出てる時も飲んでもいいの?」や「他の病院さんでもらったお薬なんですが、今回もらった薬と一緒に飲んでもいいんですか?」など、いろいろなご質問にお答えさせて頂いています。
かかりつけ薬局として、患者さんとコミュニケーションを取りながら、日常の医療を支えていけるスポットでありたいと思っています。

お薬を待っている間、健康相談にも応じられたりと…アットホームな感じがただよう明るく広い店内。入口横には無料で測れる血圧計もあります。


取材をさせていただいた間にも、お馴染みさんらしい患者さんが気軽に入ってこられ、カウンターでお薬の相談をされていました。 日々のちょっとした体の疑問や、お薬について今まで自分で調べて判断していた事や、お薬の飲み合わせについて優しく判りやすくお伝えされているのを近くで見ていると、 体の相談窓口として、調剤薬局さんは元気のメンテナンススポットだと思いました。 今回、取材をさせていただいたフタツカ薬局阿波座さん、本当にありがとうございました。
このページのトップへ戻る