HOME › フード&ヘルスケア › ふわぽでへるしーくっきんぐ › まぐろ・豆腐・アボカド(前菜)
ヘルシークッキング
おハダのこと、健康のこと、体の内側から考えてみました。

毎日のことだから、気を遣いたいのが食事。 Fuwapoスタッフいちおしの健康レシピで おハダに、カラダにやさしい食卓を!

レシピ制作 フードアナリスト1級 認定講師 坂本萌美

写真

まぐろ・豆腐・アボカド

バックナンバー

レシピNo.03

料理写真

濃厚な味を楽しみながら、あと味はあっさり。カラダにやさしい一皿です。

 

まぐろ・豆腐・アボカド(前菜)

材料 (4人分)

まぐろ(短冊)Pick up 150g
木綿豆腐Pick up 1丁
アボガドPick up
半分
玉葱 大さじ1
わさび 適量
醤油
適量
オリーブオイル 適量
胡麻油 適量
適量
大葉 適量

01前日の仕込みがベター

豆腐はペーパータオルに包んで重石をのせ、冷蔵庫の中で水気を取っておく(前日からしておくと便利)

02

アボガド・まぐろは1cm角に切って、それぞれにわさび・醤油・をからめ、オリーブオイル・少量の胡麻油を加える

03

まぐろには極超みじん切りの玉ねぎを混ぜ合わせる

04

皿に1.5cmの厚さに切った豆腐をのせ、塩をふり、アボガド・まぐろをのせて、千切りの大葉を散らす

pick up

まぐろ

まぐろの栄養

  • マグロにはコレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮することで話題のタウリン、血行をよくする作用があり、美肌作り・肩こり・腰痛に効果があるビタミンE、貧血の予防に効果的に作用する鉄が多く含まれています。
  • トロには脂質が多く含まれ、動脈硬化を防ぐEPA(エイコサペンタエン酸)や肌に潤いを与えるビタミンAや、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEが赤身よりも多く含まれています。
  • またマグロは、脳の機能を高め、学習・記憶能力の向上や痴呆症の予防にもなるDHA(ドコサヘキサエン酸)の含有量が魚の中でもトップです。これらEPAやDHAなどの脂肪酸は、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など生活習慣病(成人病)の予防効果があると言われています。

豆腐

豆腐の栄養

  • 女性ホルモンにとてもよく似ているイソフラボンが豆腐には含まれており、これは、更年期障害の緩和・骨粗しょう症の防止だけでなく、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を促し、つややかで張りのある肌を保ちます。
  • イソフラボンには脂腺抑制作用があり、ニキビ、湿疹、フケ、油性皮膚、脱毛症を予防する働きもあります。

アボカド

アボカドの栄養

  • コレステロールを下げる不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸、リノレン酸をはじめ、老化防止に役立つビタミンEや肌に潤いを与えるビタミンA、肌の弾力を生むコラーゲンの原料となるビタミンC、むくみを防ぐカリウム、便通を良くし、ニキビを防ぐマグネシウム、などのミネラルを多く含んでいます。
fuwapo de healthy cooking