HOME › フード&ヘルスケア › Beauty&Happy探し隊! › No.2 美人は「食」で作られる 株式会社北国からの贈り物
美人は夜作られる
Beauty&Happy探し隊

みなさんこんにちは。 フワポスタッフのタナカです。 ご好評につき、今回が2度目のこの企画は、タイトル通り毎回いろんなところに突撃取材を行うというものです。 様々なジャンルの突撃先へ、普段は耳にしないこと・できないことをフワポならではの視点からお届け致します!!

睡眠と美容の関係!?「睡眠 布団枕 工房」

「カニ鍋って、どうして冬に多く食べるのかしら」とか 「カニって、肌にはどんな栄養があるのか気になる」 など、カニって、よく食べるお馴染みの食材なのに、案外知られていませんよね。 そんな疑問を『“北国からの贈り物”通販事業部』 の統括責任者:加藤 敏明さんにぶつけてみました!

通販事業部統括責任者
加藤 敏明さん

冬はなぜ、カニが美味しいのですか?

よく冬に食べるカニは美味しいと言われますが、その理由は、カニの脱皮時期と関係があります。
カニは年に数回、脱皮を繰り返して大きくなります。脱皮直後のカニは「若ガニ」と呼ばれ身い入りが悪く、味も良くありません。逆に、脱皮寸前のカニは、殻の中に身がぎっしり詰まった良い状態で「堅カニ」と呼ばれます。丁度、秋から冬にかけて、脱皮の手前の状態である「堅カニ」が多く収穫されるので、一般的に、冬の時期のカニは甘味があってとても美味しいと言われています。カニの身が締まっていると評価されるのもその為です。

それと、冬は身体が冷えますので、家族や仲間が集まって温かくて美味しい食事を食べたくなる季節です。そんな時、見た目も華やかで、みんなが大好きなカニ鍋を食べるという事は、心も身体も温かくなり、自然と美味しく感じるのではないでしょうか?

蟹の美容効果について教えてください。

みんなが楽しめるカニ料理は美味しいだけでなく、高たんぱく・低カロリーの食品なのでダイエット効果も期待できるでしょう。カニ鍋にすることで、たくさんの種類のお野菜も摂取出来るので、美味しく食べてカロリー控えめなのに、お腹がいっぱいになりますね。
カニには、高タンパクでありながら、ナイアシン、カルシウム、タウリンなどが豊富に含まれています。
ナイアシンは血行を改善して血中コレステロール濃度を低下させる働きがあり、動脈硬化の予防に効果的な栄養成分です。また、血行を良くすることから冷え性にも効果があるほか、二日酔いにも効果的な栄養成分と言われています。
タウリンには血圧を正常にすることで貧血予防に効果があり、肝機能を強化し血中コレステロールや血糖値を抑えます。さらに、悪玉コレステロールを減少させるので、疲労回復や生活習慣病予防にも効果があります。
また、殻にはキチンという動物性の食物繊維が入っているので、便秘予防や生活習慣病の予防にもなります。

加藤さん、ありがとうございました!
代表取締役の加藤敏明さんより、面白い動画をご紹介頂きましたので
フワポを見ていただいている皆さんにも紹介したいと思います!
題して『蟹の身があっという間に取れる「裏技!」by 北国からの贈り物」

株式会社 北国からの贈り物

北海道グルメを通して、 全国のお客様に、笑顔と真心を お届けしています。 お客様の喜びが、 スタッフ一同の幸せです。

<Shop info>

  • 〒088-3465
    北海道川上郡弟子屈町川湯温泉5-4-3
  • TEL 0120-20-7799
  • FAX 0120-20-7798
  • 営業時間 10:30-13:00/14:00-18:30
    (土日祝休)
▼カニ、蟹、かに三昧!北海道グルメをお取寄せ!
「北国からの贈り物」
http://www.kitaguni-net.com/